<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# BAUHAUS 56M

 

先日 お取扱店様へご案内しましたオリジナルロッド

「BAUHAUS 56M」

以前ウチのWeb限定で発売させて頂いた物と

仕様はほぼ同じで要はカラー変更という感じになります

 

案内の方にも書かせて頂いてますが一応ご説明を・・・

 

まずはカーボンとグラスのコンポジット素材という事

芯材をカーボンにし表面にグラスを7:3の割合で巻いてあります

自分なりの感覚での話になっちゃうのですが

この3割のグラスのお陰でベリーからバットに掛けての粘りを生み

先調子気味のテーパーと他社よりも多く乗せたガイド数と相まって

掛けたバスとのやり取りがよりスムーズかなと思っています

少し細い割に強いバットを持ちながらも

ティップは意外とクイクイ入りパワーに追従してベリーに掛かってくるので

ルアーの操作性はもちろんバッチリです

適正ルアー重量は20〜25gが一番ティップの感じがシックリきます

(ですので表記はMクラスになっています)

でも32gのルアーでも全然問題なかったのでどうかご心配なく!

 

そして何と言っても一番感じて欲しいのは軽い投げ心地!!

レギュラーファーストアクション(自分的表現で先調子気味と言ってますが)

最もこだわったのがこの3.5 : 6.5テーパーで

ロッドの総寸を10としてティップ側3.5の比率で曲がル感じです

という事はルアーリリースした後のティップの戻る時間が

曲がる部分が短い分それだけ早く戻ることになります

それはカーボンが入ってる為に更に顕著になるのですが

戻りが早ければキャスト動作最後のロッドを止める時の

手首への負担が減り楽チンなキャストが続けられると思っています

なおかつ

先調子気味だと微調整がし易いのでキャスト精度もグッと上がるのです

大前提としてティップ〜ベリー そしてバットへの

スムーズな負荷の伝導があってこそなんですが!

ちょっと伝わり難い表現になってるかな?・・・

簡単に言えばポイントにルアーを置きに行くような感覚で投げられる

とにかく

オーバーヘッドキャストはもちろん特にサイドとバックハンドキャストは

びっくりするくらい投げ易いテーパーデザインに仕上がっています

ロッド重量もコンポジット素材に関わらず35gと超軽量なので

自信を持ってお勧めできるロッドになっています

 

 

能書きを長く並べましたが

そんな事を考えながら時間を掛けてジックリ作ったロッドです

いつも行く急流河川から沼や水路系

年に数回行く琵琶湖や福岡の遠賀川などなど

いろんなところで試してサンプル製作を繰り返し出来たロッドです

前回Web限定の分を使って頂いた皆さんからも評判良くて安心してます

バウハウス56Mをどうかご検討の程をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

| trackbacks(0) | 18:56 | category: RELEASE |
# Lim's CHIMERA・Holic

「Lim's CHIMERA・Holic」

キメラ中毒と名付けたこのモデル

 

イベントでリリースした前身のキメラ・ウェイクとは

ウェイトやフック位置と数そして新丸ブレード装着と変更済みです

で 何が中毒か?と言うと

自分自身がこのサンフィッシュ形状があまりにも好き・・・

ってまぁそんな感じなのです 笑

トップウォーターを始めるまでアメリカンクランクが好きだったので

きっとその影響が残ってるんだと思うのですが

リップ付きフラットボディのバランスの難しさに挑戦したルアーです!

 

話が逸れちゃいましたがこのホリック

案内にも書いてますがレスイズモア的にどう使って欲しいのか?

皆さんきっとタダ巻き系のルアーでもバスが潜んでいそうな

美味しそうなポイント目掛けてルアーを投げ入れますよね

アシ際のポケットや冠水植物の隙間なんかに・・・

せっかくそんな良いポイントに着水させても

すぐに巻き始めたら絶対にもったいないと思うんです

でこのホリックは着水地点での誘いに重きを置いて作ってみました

トゥイッチの強弱によるビラッとしたヒラ打ちやお辞儀アクション

リップでスプラッシュも出せます

それに伴ったブレードのユラユラ&キラキラ 笑

是非 まずはピンポイントで誘ってみて下さい

それでも反応がなければゆっくりとタダ巻きって感じで!!

その巻き始めも知っての通りバイトチャンスなので!

 

  

それとちょっとした補足として!

リップやノーズアイヒートンの取付けにはかなり注意しておりますが

木材やパーツの個体差の問題もあって

タダ巻き時の泳ぎが安定しない物があるかもしれません・・・

もしご購入頂いた物の泳ぎがおかしいと感じられたら

ラインアイヒートンを左右に曲げたりリップの端を片方を

上下どちらかにひねる感じに調整してみて下さい

 

またルアーのノーズからリップの先端までの距離は27~28mmが

理想のリトリーブスピードにあったリップ角度になっています

(ちなみにレジーナアゴラは32mmが理想です)

 

何度も見返して調整したつもりですが
ずっと一点を集中して何個も見ているともう目が・・・
誠に申し訳ありませんが何卒よろしくお願い致します

 

それでは北九州の小倉での西日本釣り博に行ってきます
明日は設営日で土日の開催となっています
魚矢さんブースにおりますので
皆さんのご来場をお待ちしております!

 

 

 

| trackbacks(0) | 18:26 | category: RELEASE |
# Lim's DORIS Delta & Oval

お取扱店様に向け案内を出させて頂く「Lim's DORIS Delta & Oval」

 

DORIS・Delta  ドリス・デルタ

(向かって左側の3色 NSRD-AG OKW-4M AMG-4M)

こちらは7年前に発売したドリスの再リリースモデルの新色で

当時との大きな違いはLリグ仕様にしてペラを今使っている新タイプの

ステンレスバネ鋼の0.8mm厚ペラ(左回り)を入れてあるってところ

このデルタは案内にも記載してあるように

ボディ断面が三角に近い形状で腹部が面になっています

三角形という水面に浮かぶのには非常に不安定な形を

ウェイトでバランスを取り仕上げました

テーブルターンに近い鋭角な首振りをし静止前に頭部を上下にコンコンと

強めの縦振りをしてくれます それが小動物?のようで気に入ってます 笑

 

DORIS・Oval ドリス・オーバル

(向かって右側の3色 GGSD-AG PMBH-AG OBGL-4M)

それに対しオーバルはデルタに比べて腹部の厚みが5mm細く楕円形状

ペラは同じくステンレスバネ鋼ですが0.6mm厚(右回り)と薄い方を採用

楕円ボディらしくヒラを打つ感じの首振りでデルタに比べると角度は浅め

移動の足もちょっと長めとなっています

静止前の頭部縦振りはデルタよりも弱めながら

ボディが左右に揺れるのは楕円ボディらしいかなと思います

 

カラー名の後ろに付いている

AGはオールグロス(全艶) 4Mは4分艶を意味しています

 

 

自分自身かなりの頻度で多用しているドリス・シリーズ

皆さんからも良いバスの画像をたくさん釣果報告で頂いています

フィールドを選ばずに使えるドリス・シリーズを是非とも!

ご注文締め切りは10/16(月)までとなっていますので

どうぞよろしくお願い致します

 

 

 

 

| trackbacks(0) | 12:27 | category: RELEASE |
Lim's Resina AGORA
Lim's PAGE
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links