<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ノリスギシンカンセン | main | 言って貰えばいくらでも的な・・・ >>
# BAUHAUS 56M

 

先日 お取扱店様へご案内しましたオリジナルロッド

「BAUHAUS 56M」

以前ウチのWeb限定で発売させて頂いた物と

仕様はほぼ同じで要はカラー変更という感じになります

 

案内の方にも書かせて頂いてますが一応ご説明を・・・

 

まずはカーボンとグラスのコンポジット素材という事

芯材をカーボンにし表面にグラスを7:3の割合で巻いてあります

自分なりの感覚での話になっちゃうのですが

この3割のグラスのお陰でベリーからバットに掛けての粘りを生み

先調子気味のテーパーと他社よりも多く乗せたガイド数と相まって

掛けたバスとのやり取りがよりスムーズかなと思っています

少し細い割に強いバットを持ちながらも

ティップは意外とクイクイ入りパワーに追従してベリーに掛かってくるので

ルアーの操作性はもちろんバッチリです

適正ルアー重量は20〜25gが一番ティップの感じがシックリきます

(ですので表記はMクラスになっています)

でも32gのルアーでも全然問題なかったのでどうかご心配なく!

 

そして何と言っても一番感じて欲しいのは軽い投げ心地!!

レギュラーファーストアクション(自分的表現で先調子気味と言ってますが)

最もこだわったのがこの3.5 : 6.5テーパーで

ロッドの総寸を10としてティップ側3.5の比率で曲がル感じです

という事はルアーリリースした後のティップの戻る時間が

曲がる部分が短い分それだけ早く戻ることになります

それはカーボンが入ってる為に更に顕著になるのですが

戻りが早ければキャスト動作最後のロッドを止める時の

手首への負担が減り楽チンなキャストが続けられると思っています

なおかつ

先調子気味だと微調整がし易いのでキャスト精度もグッと上がるのです

大前提としてティップ〜ベリー そしてバットへの

スムーズな負荷の伝導があってこそなんですが!

ちょっと伝わり難い表現になってるかな?・・・

簡単に言えばポイントにルアーを置きに行くような感覚で投げられる

とにかく

オーバーヘッドキャストはもちろん特にサイドとバックハンドキャストは

びっくりするくらい投げ易いテーパーデザインに仕上がっています

ロッド重量もコンポジット素材に関わらず35gと超軽量なので

自信を持ってお勧めできるロッドになっています

 

 

能書きを長く並べましたが

そんな事を考えながら時間を掛けてジックリ作ったロッドです

いつも行く急流河川から沼や水路系

年に数回行く琵琶湖や福岡の遠賀川などなど

いろんなところで試してサンプル製作を繰り返し出来たロッドです

前回Web限定の分を使って頂いた皆さんからも評判良くて安心してます

バウハウス56Mをどうかご検討の程をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

| trackbacks(0) | 18:56 | category: RELEASE |
# スポンサーサイト
| - | 18:56 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://blog.lims-idea.com/trackback/599
トラックバック
Lim's Resina AGORA
Lim's PAGE
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links